FAQ

Page Discussion History

InstallJa

インストール | モジュール | アドオン | 設定 | コミュニティ | その他の情報源

Contents

バイナリリリース

LinuxやBSD向けのビルド済みパッケージ

LinuxやBSDの多くのディストリビューションではNginxがパッケージリポジトリに含まれており、通常のソフトウェアインストール手法でインストールする事ができます。(Debianにおけるapt-getや、Gentooにおけるemerge、FreeBSDにおけるports、Fedora の yum、Vine Linux の apt-get など)

たまにこれらのパッケージは古いものであったりすることがあるので気をつけてください。最新の機能やバグ修正版を求めるなら、ソースコードからビルドすることをお勧めします。

オフィシャル Red Hat/CentOS 用パッケージ

nginx の yum リポジトリを追加するには、/etc/yum.repos.d/nginx.repo ファイルを作成し、以下のいずれかの設定を貼りつけてください:

CentOS:

[nginx]
name=nginx repo
baseurl=http://nginx.org/packages/centos/$releasever/$basearch/
gpgcheck=0
enabled=1

RHEL:

[nginx]
name=nginx repo
baseurl=http://nginx.org/packages/rhel/$releasever/$basearch/
gpgcheck=0
enabled=1

オフィシャル Debian/Ubuntu 用パッケージ

/etc/apt/sources.list に以下のいずれかの apt-line を追加してください:

Ubuntu 10.04:

deb http://nginx.org/packages/ubuntu/ lucid nginx
deb-src http://nginx.org/packages/ubuntu/ lucid nginx

Debian 6:

deb http://nginx.org/packages/debian/ squeeze nginx
deb-src http://nginx.org/packages/debian/ squeeze nginx

Ubuntu PPA

最新の安定版 Nginx が LaunchPad 上の Nginx PPA から取得できます。

以下の手順を実行するには root 権限が必要です。

Ubuntu 10.04 以上:

sudo -s
nginx=stable # use nginx=development for latest development version
add-apt-repository ppa:nginx/$nginx
apt-get update 
apt-get install nginx

もし add-apt-repository が存在しないというエラーが発生した場合は、python-software-properties をインストールする必要がありかもしれません。

その他の Debian/Ubuntu ベースのディストリビューションをお使いの場合は、 lucid 版の PPA をお試しください。多くの場合、このパッケージは古い環境でも動作します。

sudo -s
nginx=stable # use nginx=development for latest development version
echo "deb http://ppa.launchpad.net/nginx/$nginx/ubuntu lucid main" > /etc/apt/sources.list.d/nginx-$nginx-lucid.list
apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys C300EE8C
apt-get update 
apt-get install nginx

オフィシャル Win32バイナリ

0.8.50 から Nginx は オフィシャル Windows バイナリ が用意されています。

Windows バージョンは現状ではバイナリのみで提供されています。これは現状の一部の Wine ツールなどをビルドプロセスに利用しているためです。 今後ビルドプロセスがクリーンアップされた時点で、ソースコードも提供されます。 Igor は現在のビルドシステムでのビルド問題をサポートする予定はありません。

インストール:

cd c:\
unzip nginx-1.2.x.zip
ren nginx-1.2.x nginx
cd nginx
start nginx

制御:

nginx -s [ stop | quit | reopen | reload ]

問題があった場合は c:\nginx\logs\error.log またはイベントログを参照してください。

なお、Kevin Worthingtonが最新の開発ブランチのWindows版を保守しています。

ソースコードリリース

Nginx には安定版 (1.2.x)開発版 (1.y.x)旧安定版 (1.0.x)の 3 種類のバージョンがあります。 開発版ブランチへは新機能やバグフィックスはすぐに適用されますが、新しいバグが増える場合もあります。 開発版でのバグフィックスが安定すると、安定版ブランチに変更がバックポートされます。 新機能は必ずしもバックポートされるとは限りません。

通常は安定版リリースを利用されることをおすすめします。しかし、通常は開発版ブランチも同じように安定しています。詳しくはFAQ を参照してください。


全てのバージョンを見る

Nginxをソースコードからビルドする

ソースコードを展開した後にこれらのコマンドをターミナルから実行します。

./configure
make
sudo make install

デフォルトでは、Nginxは/usr/local/nginxにインストールされます。これを変更する場合や他のオプションについては コンパイルオプションを参照してください。

また、サードパーティモジュールの一覧も参照してください。これらはNginxのコンパイル時に一緒にビルドする必要があります。

その他の情報源

オリジナルドキュメント