FAQ

Page Discussion History

MailProxyModuleJa

インストール | モジュール | アドオン | 設定 | コミュニティ | その他の情報源

これは MailProxyModule の翻訳です。一部 Module ngx_mail_proxy_moduleも参考にしています。

Contents

Synopsis

Nginx は IMAP, POP3, SMTP プロトコルのプロキシを行うことができます。


Directives

proxy

syntax: proxy on | off

default: off

context: mail, server

このディレクティブにより、メールのプロキシ機能の有効化、無効化が可能です。

proxy_buffer

syntax: proxy_buffer size

default: 4K/8K

context: mail, server

このディレクティブにより、プロキシコネクションのバッファサイズを設定することができます。デフォルト値はページサイズと同じ(プラットフォームにより 4K もしくは 8K)です。

proxy_pass_error_message

syntax: proxy_pass_error_message on | off

default: off

context: mail, server

バックエンドからの認証エラーメッセージをクライアントに対して引き渡すかどうかを制御します。

通常 nginx の認証が成功した場合、バックエンドはエラーメッセージをクライアントに返却しません。エラーメッセージが存在するということは何らかの問題が発生していることを意味します。その場合、バックエンドからのメッセージにはクライアントに見せたくない情報が含まれている場合があります。 しかし、POP3 サーバによっては、通常の動作として正しいパスワードに対してエラーのレスポンスを返却するものがあります。 一例を挙げると、CommuniGatePro はメールボックスあふれなどのイベントを認証エラーとして断続的に通知します。このような場合は、このディレクティブを on にした方がよいでしょう。

proxy_timeout

syntax: proxy_timeout time

default: 24h

context: mail, server

このディレクティブを用いることで、プロキシのコネクションに対するタイムアウト値を設定することが可能です。

xclient

syntax: xclient on | off

default: on

context: mail, server

With this directive you can enable or disable the command XCLIENT with the connection to SMTP backend. This allows the backend to enforce limitations on the client based on IP/HELO/LOGIN.

If xclient is enabled then nginx first transfers to the backend:

EHLO server_name

Then:

XCLIENT PROTO=ESMTP HELO=client_helo ADDR=client_ip LOGIN=authentificated_user NAME=[UNAVAILABLE] 

References